退職 看護師 流れ

看護師の退職の流れ

看護師の転職を考える際に、現職がある方は退職の手続きをしなくてはいけません。

 

退職の流れはどの様になっているのでしょうか?

 

各病院によっても手続きの方法は多少は違いますが、大体大まかな流れは同じです。

 

まずは、退職を希望する3か月前くらいに所属長に退職の希望を伝えます。

 

これは最低でも1か月前には伝えましょう。

 

退職の希望がある際はなるべく早い時期に伝えた方が退職までがスムーズですよ。

 

あまりギリギリになってからだと次のスタッフが確保出来るまで引き延ばされたり退職の希望時期を大幅に伸ばされてしまうのも良くある事です。

 

退職の希望を伝えたら後は、事務や所属長がそれぞれ書類を描いてくれます。

 

書類は退職届け(所定の用紙)を書く位です。社会保険に入っていたら、保険証を返却すると離職表を貰えます。

 

そのまま働かない場合は、離職表を持って役所に行き、国民健康保険に入りましょう。

 

病院からレンタルしている物(白衣やロッカーの鍵など)を返し、書類にチェックをし返却します。

 

もし、退職後に転職を希望している方は、現職中に就職活動をしておくとスムーズです。

 

現職中は忙しく、面接に行ったり、求人を探す時間もあまり取れません。

 

看護師専門の求人情報サイトに登録すると、自分の希望に合った求人を多数紹介してくれますよ。

 

面接のセッティング、給料・休日面の交渉など全てのサポートが無料なのでとても助かりますよ。