板橋区 ツアーナース

病後児保育について

最近、病後児保育を取り入れている所が増えてきましたね。

 

各病院やクリニック、保育園の中に設けられている場合など様々です。

 

 

病後児保育と言っても、感染症に掛っている子供はもちろん預けられません。

 

風邪の治りかけや、発熱、体力が低下している時などは預けられます。

 

各施設にもよりますが、1日に預かれる病後の子供の人数が限られているので、希望しても預かってもらえない場合も多いですね。

 

 

 

看護師の場合は、代わりが利かない仕事ですから、欠勤が続くと職場に迷惑が掛ってしまいます。

 

病院の院内保育所の中にも、病後児保育を取り入れている所が増えてきましたね。

 

 

院内にあるので、必要な時はすぐに受診出来ますし、受け入れ人数も多い所が多いですね。

 

病後児保育園の場合は、看護師が1名はつきますから、安心ですね。

 

 

子供の病気は兄弟がいるとだいたいは移し合いますし、冬にもなると保育園も長期間休みがちになりますよね。

 

 

その度に親は職場に気を使い、家に帰れば病気で期限の悪い子供の看病をして、本当に寝る間もないほどに大変ですよね。

 

 

そんな大変な状況を少しでも和らげくれる制度が病後児保育です。

 

 

民間の保育所などでも取り入れている所がありますし、風邪の治りかけ程度の症状なら市のファミリーサポートセンターでも受け付けてくれますから、色々な方の手を借りて無理のない様に子育てと仕事の両立が出来たら良いですね。